ありがとう♪みんなに感謝です!

ナの帰国が1116に正式に決まり、私は先に家探し荷物搬入などをするため1015に帰る事にしましたいよいよあと10日くらいです。
ちょうど3年ラスにいたけれど、ホントあっと言う間。
未知の生活だったし、どうなることやらと思いながらの最初の1年は結構しんどかったけど、今ではこういう経験が出来て本当に良かったなと思うようになりましたでも、そう思えるようになれたのも、友達や家族やみんなのおかげ。
精嵩Iに支えてくれて、すごく感謝していますもちろん、ミク友のみなさんにもどんなに元気をもらえたか本当にありがとう。
そして私よりさらに大変だったナにも、お疲れさま支えてくれたお礼を言いたいです。
日本を離れて生活してみて、それぞれの良い所、悪い所がよく見えておもしろかったし、世界は広すぎると思っていたけど、そうでもないのかももちろん広いんだけどねと思うようになったり、その時は悪い出来事でも後々になってみると、それが良い方向になっていた結果であったりとか、何だかうまく言えないけれどまあ、いろいろあったアメリカ生活でした悪い事は忘れていくだけかもだけど笑それに、こちらで会えた、名古屋会津岐阜出身の奥さま達。
みんなすごく気の合う友達になれて、会えて良かったと思える人達でありがたかった同じ環境で、同じような思いをしてきたから、なおさら。
これからも仲良しでいたいですあとは、キッチンが広くて台所に立つのが楽しかったおかげもあり、時間もあったし自分でいろいろ作るようになり、料理もちょっとは上達したはず食材に関しては不便だったけど、人は不便になると工夫しようとするもんなのねと思ったわ。
まあ、不幸中の幸いって感じかもな肝心の英語、私は全く上達せず、超最低限の会話しか出来なかったけどあはは、いろんな凄い風景をたくさん見る事が出来たのが一番嬉しかったな姉夫婦や友達や旦那両親がこちらに来てくれて、一緒に見れた風景も特別な思い出かもミク日記に残そうと思って始めた旅行記を元に、旦那私の両親にも毎回写真アルバム付きで旅行文を郵送するのも習慣になり、自分自身にとってもそれを残せたのが何気に宝物になりました旅行から帰ってきて、たくさん覚えているうちに残した細かい記憶は後から読み返してそうそうこんな事あったんだったねって事も多くてこの前も久々に読み返したら蘇ってきた結局、最後の最後まで、土日もなく働いてたナで、普通の食品の買い出しすらゆっくり行けず、この辺は主な所しか行ってないし、それは残念だったけどどっちにしても観光地はほとんどないラスだけどねそんな状況の中で、夏クリスマス休暇は遠くに行けたし、3連休の強行突破で国内のいろいろな場所に行く事が出来たのは、なかなか凄かったわ特に何としても、ここだけは行きたいと、強く強ぅく願っていたマチュピチュ。
いや、ほんと、どこもお勧めしたい所ばかりペルーは別格なので置いておくとして、トップ3はと聞かれたら、苦渋の選択だけど笑、セントマーティンカリブ、ヨセミテ、アーチーズ、でしょうか。
あでも、そんなの決められないくらいどこも良かった帰国後の勤務地が東京になり、実家のある横浜に戻る予定です。
広々として、空も高くてゆったりとした環境のアメリカから横浜に戻るのはかなり窮屈そうで、正直ちょっぴりグッタリだけど、とにかく帰国したらすぐ家探しから頑張らねばいつも通りどうなることやらどうにかなるか、でやっていきます。
帰国はかなり寂しい気持ちになるけれど、とにかく無事に過ごせたのが何よりで、いろんな人に感謝です。
自分にも、よく頑張ったねぇと言ってあげよっと笑ではでは、みなさまには精嵩Iにすごく助けてもらい、本当にありがとうございました